ひろこデンタルブログ

2012年12月 6日 木曜日

ホワイトニング、その効果

ホワイトニングで、歯を白く! これ、かなり常識的になってきました日本でも。
当医院にもその問い合わせやその施術を受けられる方も多くなりました。

もともと欧米人よりはメラニン色素が表層にある我々日本人は肌だけではなく歯も黄色みがかった方が多いのです。
小さいころからの歯に対する意識度も欧米人よりは薄いかもしれません。その理由は整った保険制度のせいでしょうか?欧米諸国は歯の治療費、かなり高いのが常識。あえてセラミックや矯正治療だけだはなく、簡単な虫歯治療は歯のクリーニングも100ドルは軽く超えてしまうようです。そのため、将来費用をかけないためにも、小さいころよりちゃんと歯磨きなどの自己ケア管理をするのが当たり前となるのです。
白い歯はその個人のケアの自慢みたいな感じをよく受け止めます。
でも遅くはありませんよ。今!そのケアの重要性に気付かれたなら幸いです!!!

ホワイトニングの現状!

多くに方々がホワイトニングで白くトーンの明るい歯を実感されておりますが、その効果は一生ではありません。
また、残念なことにホワイトニングの効果はまちまちなのです。
以下のポイントの場合あまり効果が実感できないことがあります。

★ その歯の構造上 ・・・・・歯の表層のエナメル質が薄く中の象牙質の色(エナメル質より黄色みがかってます)                  が反映してしてしまってる歯
★ 3歳くらいまでに高熱をだしたり特有の抗生剤を服用されていた歯 (青色グレー色がかった歯)

ホワイトニングは、その薬剤がエナメル質に効果をもたらせますから、なかの象牙質には浸透」しません。                 また、乳幼児期の全身疾患やその服用薬で、永久歯が顎の中で作られる時期(3~4歳)
            に変色してしまっている場合も難しいです。

★ 生活習慣習癖 ・・・・・ 喫煙や嗜好飲食によります。赤ワインやカレーなどシミになりやすい物は好む方は
                 その効果の維持期間が左右されます。

当院は、先ずカウンセリングをしっかりさせていただくようしております。
そしてメンテナンス!これ重要です、必須です。日々の生活において磨き方不足やその飲食の色素において
色は戻ってしまいます。施術後3か月6か月後にチェックに受診していただき、色戻りをなくすよういたしましょうね。
                                       hiroko


            




このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 ひろこデンタルクリニック

アクセス


大きな地図で見る

東京都港区芝5-16-1千代ビル4階

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ