ひろこデンタルブログ

2012年11月 8日 木曜日

歯周病とプラセンタ

当院で歯周病治療のひとつとして力をいれているプラセンタ療法のお話しです!

「8020運動」はご存知でしょうか??
80歳になってもじぶんの歯を20本以上残そうというものです。
歯を失う主な原因は虫歯、歯周病です。
近年、プラセンタは歯周病の不定愁訴に対して使用されるケースもあり
歯肉のウズウズ感、口腔内の粘り感、歯肉からの出血、炎症などの症状に対して改善することがわかりました。
プラセンタの薬理作用である「組織修復作用」「免疫作用」「抗炎症作用」が総合的に働くことが原因だと考えられています。
歯を失うことは食べる楽しみを失うことですので、普段からの予防と対策が大事ですね!

興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい!

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 ひろこデンタルクリニック

アクセス


大きな地図で見る

東京都港区芝5-16-1千代ビル4階

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ